【Ash大宮店発信、リアルサロンワーク】ボブの縮毛矯正の注意点

スポンサーリンク
縮毛矯正前から縮毛矯正後の写真縮毛矯正
この記事は約2分で読めます。

ボブスタイルに縮毛矯正をかける時、気をつけて施術する事があります。
そんな事を解説しながら、書いていこうと思います。

おはようございます☆Ash大宮店の佐々木真吾(ササキシンゴ)@shingosasakiinstaです☆
さいたま市、大宮駅前の美容室で働いています。縮毛矯正が得意です!!

こちらは、縮毛矯正の記事一覧です☆もし時間があれば見てください↓↓↓

縮毛矯正
縮毛矯正のカテゴリページです。

縮毛矯正をかける前の状態

縮毛矯正前のクセが出ている写真

クセは、強め。1年前ぐらいに縮毛矯正をかけています。毛の太さも普通です。カラーもしていないので、ダメージもほぼ無い状態です。
1液は、アルカリを抑えたジスルフィド結合をよく切る薬を使っていきます。
タイムは、18分。しっかり置いていきます。

アイロンワークは、しっかり毛先まで

1液が終わった状態の写真

中間処理は、熱からの保護をつけてからアイロンワークです。毛先までしっかりと熱を当てていきます。

毛先は、梳いてあったりして軽くなっています。熱がきちんと当たるように、丁寧にアイロンワークをしていきます!!

縮毛矯正後の写真

縮毛矯正後のバックスタイル写真

縮毛矯正後の写真

縮毛矯正後の写真

カットまで終わった状態です。毛先までしっかりと熱を当てているので、綺麗に仕上がっています。ダメージも感じない、サラサラヘアに仕上がりました。

動画は、こちら↓↓↓

まとめ

ボブの縮毛矯正で気をつけている事は、毛先の処理です。髪が短めなので、毛自体軽くフワフワしやすいです。
しっかりと熱を当てて収まるように心がけています。
是非参考にしてみてください!!
本日は、ありがとうございました!!また、お待ちしています☆

縮毛矯正前から縮毛矯正後の写真

予約、相談はこちらからどうぞ↓↓↓

友だち追加

Ash大宮店公式サイト

電話番号:048-642-0877
予約、相談はLINEでどうぞ

友だち追加

ササキシンゴ(佐々木真吾)
縮毛矯正職人
佐々木 真吾

埼玉県さいたま市にある美容室 美容師として働いています。神奈川県川崎で育ち、市内の美容室で働き、2005年に大手美容室に入社。サロンワークを中心にベーシックカットの埼玉地区代表、パーマ、毛髪科学の講師就任。毛髪科学で学んだことを活かして、縮毛矯正でお客様に喜んでいただいています。2015年、2016年、2017年ミスインターナショナル世界大会のバックステージに参加。2020年1月を最後にフリーになりました。
モットーは「ワクワクと感動を!!」をテーマに活動しています。主に美容を中心にたまに趣味を載せていきます。是非お付き合いください。

佐々木 真吾をフォローする
定休日
2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

定休日

縮毛矯正
スポンサーリンク
おすすめのブラシ
ツインブラシ

髪を挟んで、ブロー、もしくは、ストレートアイロンをかけることによって簡単にストレートヘアになるブラシです。
髪へのテンションなどが、綺麗にかかるのでおすすめです。営業で縮毛矯正や強い癖を伸ばす時に良く使います。

YS-LAP32 ラップ ドラゴン エア ベント スタイラー ブラシ

頭皮に当たっても痛くなく、むしろ気持ち良いブラシです。普段のブローなどに使用します。
佐々木も良く使う道具の一つです。

YS-580 ブラック カーボン タイガーブラシ

髪を綺麗にブローすることが出来るブラシです。セミロングやロングの髪の方におすすめです。
佐々木も営業で良く使います。

スポンサーリンク
佐々木 真吾をフォローする
スポンサーリンク
shingosasaki.com
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました