大宮でダメージレス縮毛矯正で綺麗にかける

スポンサーリンク
縮毛矯正
この記事は約2分で読めます。

おはようございます☆Ash大宮の佐々木真吾(ササキシンゴ)@shingosasakiinstaです☆

ご相談やご予約はこちらからも出来ます⬇️⬇️⬇️

友だち追加

縮毛矯正は、強すぎるとその場では、良くても、3ヶ月後、半年後に必ずダメージが出てきます。
ササキシンゴ(佐々木真吾)的には、3ヶ月後も半年後も綺麗にいてもらうために、なるべく最小限のダメージで縮毛矯正をかけるように心がけています。

本日のお客様。初来店、初担当です。毛先にダメージが積もっていました。
カラーもされてはいるので、ダメージはしょうがない部分もありますが、毎回やられている縮毛矯正の薬が強い感じでした。
薬は、今回スペックを落として施術していきます。

1液は、根元と毛先を分けて薬を塗布

根元は、10段階で7ぐらいのパワー薬を使っていきます。
毛先は、ほぼアルカリ0の薬で、トリートメントを混合した薬を作って塗布していきます。

薬が強すぎると逆に傷んで収まりが悪くなっていきます。適正軟化、適正還元を意識していつまでも綺麗にいられる縮毛矯正を目指します!!

中間処理は、ジカルボン酸と【魔法の薬】

ここで髪の質感を上げていきます。ジカルボン酸を塗布した後に、ドライして、【魔法の薬】をたっぷり浸けます。
時間をおいて、アイロンをしていきます。薬のスペックを落としているので、熱置きアイロンでいきますが、傷んだ髪は、毛先に水分が残りやすい(髪は、傷むと親水性に傾くため)水抜きアイロンもやっていきます。

仕上がり

まだ少し毛先に固さが残りました。お客様にも説明しましたが、本日やった根元の毛が毛先に来る頃には綺麗になるので、今の髪を維持しながら、髪の質を変えていこうと思います。

まとめ

適正軟化、適正還元。特に過剰軟化しないように、縮毛矯正は、心がけています。素敵なヘアで毎日楽しく過ごしてください!!
本日は、ありがとうございました!!またお待ちしています☆

予約、相談はLINEでどうぞ

友だち追加

ササキシンゴ(佐々木真吾)
縮毛矯正職人
佐々木 真吾

埼玉県さいたま市にある美容室 美容師として働いています。神奈川県川崎で育ち、市内の美容室で働き、2005年に大手美容室に入社。サロンワークを中心にベーシックカットの埼玉地区代表、パーマ、毛髪科学の講師就任。毛髪科学で学んだことを活かして、縮毛矯正でお客様に喜んでいただいています。2015年、2016年、2017年ミスインターナショナル世界大会のバックステージに参加。2020年1月を最後にフリーになりました。
モットーは「ワクワクと感動を!!」をテーマに活動しています。主に美容を中心にたまに趣味を載せていきます。是非お付き合いください。

佐々木 真吾をフォローする
定休日
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

定休日

縮毛矯正
スポンサーリンク
おすすめのブラシ
ツインブラシ

髪を挟んで、ブロー、もしくは、ストレートアイロンをかけることによって簡単にストレートヘアになるブラシです。
髪へのテンションなどが、綺麗にかかるのでおすすめです。営業で縮毛矯正や強い癖を伸ばす時に良く使います。

YS-LAP32 ラップ ドラゴン エア ベント スタイラー ブラシ

頭皮に当たっても痛くなく、むしろ気持ち良いブラシです。普段のブローなどに使用します。
佐々木も良く使う道具の一つです。

YS-580 ブラック カーボン タイガーブラシ

髪を綺麗にブローすることが出来るブラシです。セミロングやロングの髪の方におすすめです。
佐々木も営業で良く使います。

スポンサーリンク
佐々木 真吾をフォローする
スポンサーリンク
shingosasaki.com
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました