スポンサーリンク

【2022年度】ブリーチ毛に縮毛矯正をかけたら凄かった(実例あり)

スポンサーリンク
ブリーチ毛に縮毛矯正をかけたビフォーからアフターの写真ブリーチ縮毛矯正
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!!佐々木真吾です!!今回の記事は、ブリーチ毛に縮毛矯正をかけるやり方の最新番、2022年度のやり方を掲載していこうと思います。お客様も美容師さんにも参考になる記事になっていますので、ぜひ最後までお読みいただいていただければと思います。
また、ブリーチ毛の癖毛などで悩んでいる人にも為になると思います。

こんな人におすすめの記事です。

  1. ブリーチをしていて、癖毛に悩んでいる人
  2. ハイダメージで癖毛に悩んでいる人
  3. 縮毛矯正をかけたいけど、誰に頼んでいいかわからない人
  4. 縮毛矯正のダメージを最小限にしたい人

上記の悩みのある人は記事を読んで記事下のLINEから友達登録してもらい、相談や予約などを書き込んでくれれば、返信いたします。その際、なるべく最後まで記事を読んでから予約していただくと、理解が深まり、安心してもらえると思います。ぜひ最後までお読みくださいね!!

【2022年度】ブリーチ毛に縮毛矯正をかけたら凄かった(実例あり)!!

まず、最近のブリーチ縮毛矯正の実例です。最近の縮毛矯正はアルカリによる軟化を少なくして、還元(髪の結合を切る)を強くするように組み立てています。具体的にいうとGMTやスピエラというパーマ剤を付加して還元濃度を高くしています。(アルカリは少し残しています。理由はやはり癖を伸ばすのにはアルカリは有効だからです。)

ブリーチ毛に縮毛矯正をかける前の状態

ビフォーがこんな感じで、リッジの強い癖ではありませんが、広がるような癖でした。

今回は時間短縮と薬の減力をさせるために、濡らしての施術にしています。

ブリーチ毛に縮毛矯正の薬を塗布した様子

ブリーチ毛に縮毛矯正をかけた後の状態

ブリーチ毛に縮毛矯正をかけた後の髪の状態です。

ブリーチ縮毛矯正をした後の髪の状態

ブリーチ縮毛矯正をした髪(バックショット)

ブリーチ縮毛矯正をした髪(サイドバック)

綺麗な艶髪になりました。ここまでくれば、明日からのお手入れも楽になります。

インスタで見るとこんな感じです↓↓↓

ブリーチ縮毛矯正のやり方の手順

では、あらためてブリーチ縮毛矯正の手順をご紹介したいと思います。所要時間は3時間から4時間ぐらいです。

  • STEP1
    縮毛矯正1剤塗布
    縮毛矯正1剤を髪に塗布して時間をおきます。
  • STEP2
    一度薬を流す
    一度薬を流して反応を止めます。
  • STEP3
    乾かしてアイロンをする
    乾かしてアイロンをして髪の形状を真っ直ぐにします。
  • STEP4
    縮毛矯正2剤を塗布
    縮毛矯正2剤を塗布して時間をおきます。
  • STEP5
    最後に髪質改善トリートメントを塗布
    最後に髪質改善トリートメントを塗布して綺麗な艶髪にしていきます

この後カットやドライ&アイロンなどしていきます。

以前のやり方と違う、進化したところは!?

アルカリ矯正剤にジカルボン酸とレブリン酸、そして最近はスピエラも配合しています。

GMTとスピエラ

*GMTとスピエラの写真。2つとも還元剤(パーマ剤)。

簡単に説明するとどちらも、酸性縮毛矯正とかに使うパーマ剤です。GMTは、還元力が強く、ブリーチ縮毛矯正ではなく、普通の縮毛矯正に使用します。スピエラは、薬のパワーををレブリン酸で弱くして時にもう少し還元力がほしい時に付加します。どちらもいぶし銀の活躍をしてくれますね!!

ちなみに酸性縮毛矯正に使う薬も使いますが、僕の施術方法はアルカリ縮毛矯正なので、酸性縮毛矯正よりは癖が伸ばしやすいのが特徴です。デメリットは酸性よりも失敗すると傷みやすいですが、スピエラを配合するやり方のおかげで、レブリン酸を多く入れられるようになり、より傷みづらくなりました。

ではどんなメリット、デメリットがあるかも簡単に説明します。

最新のやり方のメリット

最大のメリットは、GMTやスピエラを入れることで髪の結合を切る力を強くすることが出来ます。

理論値だとかなり強い薬にすることも可能です。

最新のやり方のデメリット

デメリットは、あまり多く入れ過ぎると傷んでしまいます。なので慎重に調節します。

ブリーチ縮毛矯正をやってみたい人はどうすればいい!?

記事を読んでみて、縮毛矯正をやってみたいと思った人はまず下記にあるLINEから友達になってください。その後相談ごとや予約の希望を打ち込んでくれると返信して予約完了になります。

どこでやってもらえる!?

働いている場所は浦和になります。こちらの記事を参考にしてお越しください。↓↓↓

(2021年11月)新しく働く場所の行き方はこちらをご覧ください
2021年10月末日でAUBE hairからlou lou hairルルヘアーさんに働く場所を移動いたします。 本記事では、写真などで新しく働く場所(lou lou hair)の浦和駅から歩いていく方法を解説していきま...

料金はいくらになる!?

料金については、カット、ブリーチありなどで変わります。

カット+ブリーチ縮毛矯正+髪質改善トリートメント=22000円(ブリーチが入っている場合)

ブリーチ縮毛矯正+髪質改善トリートメント+ブロー=20000円(ブリーチが入っている場合)

カット+縮毛矯正+髪質改善トリートメント=19800円(ブリーチが入っていない場合)

縮毛矯正+髪質改善+ブロー=18000円(ブリーチが入っていない場合)

料金については、こちらになります。よくわからない場合はLINEにできてくれればお答えいたします。

【2022年度】ブリーチ毛に縮毛矯正をかけたら凄かった(実例あり)のまとめ

本日の記事はブリーチ毛に縮毛矯正をかけていくやり方やかかる時間、料金などを書いてみました。

また、施術方法も少し進化させて、より傷ませず、より安全に仕上がるようにしています。

ブリーチをしていて、癖毛にお悩みの人はぜひお越しくださいね!!精一杯対応させていただきます。

最後に

佐々木真吾
佐々木真吾

ご来店いただきありがとうございます。

またお待ちしています!!

予約、相談はLINEでどうぞ

友だち追加

ササキシンゴ(佐々木真吾)
縮毛矯正職人
佐々木 真吾

埼玉県さいたま市にある美容室 美容師として働いています。神奈川県川崎で育ち、市内の美容室で働き、2005年に大手美容室に入社。サロンワークを中心にベーシックカットの埼玉地区代表、パーマ、毛髪科学の講師就任。毛髪科学で学んだことを活かして、縮毛矯正でお客様に喜んでいただいています。2015年、2016年、2017年ミスインターナショナル世界大会のバックステージに参加。2020年1月を最後にフリーになりました。
モットーは「ワクワクと感動を!!」をテーマに活動しています。主に美容を中心にたまに趣味を載せていきます。是非お付き合いください。

佐々木 真吾をフォローする
ブリーチ縮毛矯正
スポンサーリンク
おすすめのブラシ
ツインブラシ

髪を挟んで、ブロー、もしくは、ストレートアイロンをかけることによって簡単にストレートヘアになるブラシです。
髪へのテンションなどが、綺麗にかかるのでおすすめです。営業で縮毛矯正や強い癖を伸ばす時に良く使います。

YS-LAP32 ラップ ドラゴン エア ベント スタイラー ブラシ

頭皮に当たっても痛くなく、むしろ気持ち良いブラシです。普段のブローなどに使用します。
佐々木も良く使う道具の一つです。

YS-580 ブラック カーボン タイガーブラシ

髪を綺麗にブローすることが出来るブラシです。セミロングやロングの髪の方におすすめです。
佐々木も営業で良く使います。

佐々木 真吾をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
shingosasaki.com
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました