[Ash大宮店、発信!!リアルヘアスタイルシリーズ]傷ませない縮毛矯正をするため大事な3つのこと

スポンサーリンク
縮毛矯正
この記事は約2分で読めます。

おはようございます☆Ash大宮店の佐々木真吾(ササキシンゴ)@shingosasakiinstaです☆
さいたま市、大宮の美容室で働いてます。お客様がより若くより美しくより健やかにいられるようにお手伝いさせていただいてます。

ご相談やご予約はこちらからも出来ます⬇️⬇️⬇️

友だち追加

本日のお客様です。軟毛の縮毛矯正に対して、ジカルボン酸とアイロン熱からの保護をする事によって、髪の毛羽立ちや髪体力を残す施術をしていきます!!
これをするのと、しないとでは、3ヶ月後、半年後の髪が変わってきます。

前回の縮毛矯正は、半年前

縮毛矯正は、半年前です。毛質は、軟毛で細毛です。
こういう毛質は、薬が強いと毛羽立ちやすいので、ゾーンで薬を塗り分けて、最小限の強さの薬で望みます!!

今回は、薬を毛先外しをして、毛先には、脂質系トリートメントをつけています。

中間処理にジカルボン酸と【魔法の薬】

髪のダメージ予防の為、ジカルボン酸と【魔法の薬】で処理をしていきます。
そして、熱置きアイロンとゆらゆらアイロンでしっかりと真っ直ぐにしていきます。

ジカルボン酸は、髪の架橋に、【魔法の薬】は、熱からの保護と毛羽立ちを抑えるように!!そして、アイロンワークです。

仕上がりは、ツヤツヤ

まずは、写真からどうぞ↓↓↓

動画です↓↓↓

ツヤと髪体力が残り、綺麗にサラサラになりました。
もちろん、毛先は縮毛矯正をかけてないので、カールアイロンで巻いてもカールが残ります。半年後、また縮毛矯正をかける時も楽にかけられます!!

まとめ

縮毛矯正をかける時、ササキシンゴ(佐々木真吾)が大事にしていることは、
ダメージを最小限に。
毛先の毛羽立ちを防ぐ。
ツヤと髪体力を残す。
です。
これからも毎日を楽しく過ごしてもらえるようにお手伝いをさせていただきます!!
本日は、ありがとうございました!!またお待ちしています☆

こちらもオススメ↓↓↓

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました