スポンサーリンク

この時期多い縮毛矯正。頼む時の注意点!?

予約、相談はLINEでどうぞ

友だち追加

縮毛矯正
この記事は約2分で読めます。

こんばんは☆佐々木です☆

この時期多くのお客様が縮毛矯正をされていきます。自分も多くのお客様を担当させてもらってます。

そこで、トラブルになりやすいケースがあります!!それは、毎回、毛先まで縮毛矯正をかけることです。

特に、初めて担当させてもらう方や新規の方など、毛先までかけた方がいいのか?伸びてきた根元の癖のある場所だけがいいのか?

自分ではなかなか判断がつきません。どうすれば良いでしょうか!?

スポンサーリンク

基本、毛先は保護が安全!!

僕の考えですが、毛先は、保護をかける方、もしくは、かなりパワーを抑えてやる方が大半です。毛先が真っ直ぐになりすぎると不自然な感じになることと、ダメージが進みやすいからです。かけなくてはいけない場合は、その先にあるデメリットを、お客様に伝えて了解を得てから、施術するようにしています。

意外と根元が真っ直ぐになると毛先も自然な真っ直ぐに見えるもので、(パーマやかけ戻りがある場合は別です)毛先はトリートメントで収めていった方が良い場合が多々あります。

その先、パーマやカールアイロンで巻く方も多い!!

毛先はかけなければ、パーマや(デジタルパーマになりますが……)カールアイロンでウェーブを作ったとしても持ちが良いですし、スタイルの幅が広がります。綺麗で艶があるスタイルになりやすい反面、華やかさに欠ける面もあります。

まとめ

そんなことも含めてスタイル提案をしていますので、美容師さんといろいろ相談されるといいと思います。また出来たら、毎回同じ担当でやってもらった方が、髪の状態が確認し易いので、同じ担当を指名してみて下さい。

 

 

ササキシンゴ(佐々木真吾)
縮毛矯正職人
佐々木 真吾

埼玉県さいたま市にある美容室 美容師として働いています。神奈川県川崎で育ち、市内の美容室で働き、2005年に大手美容室に入社。サロンワークを中心にベーシックカットの埼玉地区代表、パーマ、毛髪科学の講師就任。毛髪科学で学んだことを活かして、縮毛矯正でお客様に喜んでいただいています。2015年、2016年、2017年ミスインターナショナル世界大会のバックステージに参加。2020年1月を最後にフリーになりました。
モットーは「ワクワクと感動を!!」をテーマに活動しています。主に美容を中心にたまに趣味を載せていきます。是非お付き合いください。

佐々木 真吾をフォローする
定休日
2020年 4月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2

定休日

縮毛矯正
おすすめのブラシ
ツインブラシ

髪を挟んで、ブロー、もしくは、ストレートアイロンをかけることによって簡単にストレートヘアになるブラシです。
髪へのテンションなどが、綺麗にかかるのでおすすめです。営業で縮毛矯正や強い癖を伸ばす時に良く使います。

YS-LAP32 ラップ ドラゴン エア ベント スタイラー ブラシ

頭皮に当たっても痛くなく、むしろ気持ち良いブラシです。普段のブローなどに使用します。
佐々木も良く使う道具の一つです。

YS-580 ブラック カーボン タイガーブラシ

髪を綺麗にブローすることが出来るブラシです。セミロングやロングの髪の方におすすめです。
佐々木も営業で良く使います。

スポンサーリンク
佐々木 真吾をフォローする
shingosasaki.com
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました