[ケミカル妄想]縮毛矯正を考える☆

スポンサーリンク
縮毛矯正
この記事は約2分で読めます。

おはようございます☆佐々木です☆

去年に引き続き、今年も自分の縮毛矯正のやり方を模索しています。

今年もいろいろな矯正剤が出てきています。

まずミルボンさんのネオリシオ。タンパク変性を防ぐらしい……

そして、うちで扱えるようになったR5

シスアミでアルカリ濃度0という薬。

「パーマは軟化ではなく還元だー!!」と言って

いる薬。

こういうニッチな薬。意外と好きですWW。

そして良い薬に対して扱う側も進化していかなければいけません。

最近思うことは、

  1. 一液中の髪の処理の仕方。
  2. 流してからの処理剤や乾かす方法。

2番の流してからのドライ中におこっている現象で、僕は普段、ツインブラシで癖が出始めたら、ブローしますが、

その時の温度(ドライヤー)は高温がいいのか、低温がいいのか。

今までは、高温でツインブラシをかけて面を整えてからアイロンでしたが、最近はわざと低温ブローにしています。

僕の考察

あくまで推測ですが、高温でブローすることによって、綺麗にブローで伸ばせればいいですが、やはりアイロンには勝てない。

(あくまで僕自身の問題です。)

高温でブローした場合、髪もケラチンの癒着、髪質硬化、いろいろなことがおきます。実際熱をいれただけでは、SSが繋がるわけではなく、SSを繋げやすくする環境を作っているにすぎない。

であれば、高温ブローでケラチンの癒着を作ってしまうより、低温ブローでただ水素結合を繋げて応力緩和の力を借り、アイロンで綺麗に癒着を作ってしまった方が綺麗に仕上がるのではないか!?

そんなことを考えて仕事しています。

結果は、まずまずです。さらに検証しながら、また一歩前に進んで行きたいと思います。

予約、相談はLINEでどうぞ

友だち追加

ササキシンゴ(佐々木真吾)
縮毛矯正職人
佐々木 真吾

埼玉県さいたま市にある美容室 美容師として働いています。神奈川県川崎で育ち、市内の美容室で働き、2005年に大手美容室に入社。サロンワークを中心にベーシックカットの埼玉地区代表、パーマ、毛髪科学の講師就任。毛髪科学で学んだことを活かして、縮毛矯正でお客様に喜んでいただいています。2015年、2016年、2017年ミスインターナショナル世界大会のバックステージに参加。2020年1月を最後にフリーになりました。
モットーは「ワクワクと感動を!!」をテーマに活動しています。主に美容を中心にたまに趣味を載せていきます。是非お付き合いください。

佐々木 真吾をフォローする
定休日
2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

定休日

縮毛矯正
スポンサーリンク
おすすめのブラシ
ツインブラシ

髪を挟んで、ブロー、もしくは、ストレートアイロンをかけることによって簡単にストレートヘアになるブラシです。
髪へのテンションなどが、綺麗にかかるのでおすすめです。営業で縮毛矯正や強い癖を伸ばす時に良く使います。

YS-LAP32 ラップ ドラゴン エア ベント スタイラー ブラシ

頭皮に当たっても痛くなく、むしろ気持ち良いブラシです。普段のブローなどに使用します。
佐々木も良く使う道具の一つです。

YS-580 ブラック カーボン タイガーブラシ

髪を綺麗にブローすることが出来るブラシです。セミロングやロングの髪の方におすすめです。
佐々木も営業で良く使います。

スポンサーリンク
佐々木 真吾をフォローする
スポンサーリンク
shingosasaki.com
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました